美白ケア・シミについて知らないと大変なことになりますよ!

美白ケア・シミについて知らないと大変なことになりますよ!


まだ夏が始まったばかりなのに、もうシミができてしまったなどと悩んでいませんか?

 

実は紫外線量は3月あたりから急激に増えているんですよ。

 

初夏になる前は油断していて、ついついUV対策を忘れてしまったり、いつのまにか浴びた紫外線でシミができていたりするんです。
 初夏の肌状態とシミができる原因とは?

 

7月初めあたりの初夏というのはお肌が紫外線に慣れていない状態で、真夏よりダメージを受けやすいんです。

 

そして肌がダメージを受けてターンオーバーが乱れてしまうと、メラニン色素が排出されずシミができる原因になってしまいます!
美白ケアを今からはじめるには?

 

UVケアはもちろんですが、いっしょにやるべき美白ケアはメラニン色素の還元!

 

このメラニン色素を還元しなければ、真夏にさらに濃いシミになってしまったり、ずっとシミの残った状態のお肌になってしまう可能性があります。
そこで、お勧めの美白ケア化粧品 はメラニン色素の還元作用のある成分、ハイドロキノンの入ったビーグレン

 

ビーグレンは、本来肌に浸透しないハイドロキノンを独自の浸透テクノロジーでシミの原因のある 肌の奥へと届けることができるので、肌の中のシミまでしっかりケアすることができるんです。

 

紫外線によって出来てしまったシミやそばかすには、ハイドロキノンがもっとも効果があるといわれています。しかし、もともと医療の現場で使われていたハイドロキノンは、安全性の面などから、化粧品に配合するにはとてもデリケートな成分なのでハイドロキノンを使用した化粧品メーカーはあまり多くはありません。

 

ハイドロキノンは高い美白効果がある反面、肌への刺激になる可能性も秘めているため、各化粧品メーカーは相当な技術力を持っていないと使用に踏み切れない成分なのです。

 

しかしビーグレンはより安全に浸透力を高める方法として開発された最先端の浸透テクノロジーQuSome(キューソーム)によって成分を超微小カプセルに包み込むことで、肌への刺激を劇的に軽減し、成分の浸透性を約10倍に高めるということに成功しました。このテクノロジーを採用することで、刺激が強く浸透しにくいハイドロノンを、安全かつ確実に肌の奥まで届けてくれ、ハイドロキノンが本来の効果を発揮できる有効な美白ケアが実現しました。

 

浸透の実感!今までに体験したことがない効果の早さ。バイオ基礎化粧品b.glen



関連情報

  1. お肌の乾燥肌を防ぐ対策方法
  2. シミの脅威は春に増大!その対策は・・・
  3. カネボウの美白化粧品を自主回収
  4. 基礎化粧品の大事さ
  5. オススメの洗顔石鹸
  6. できてしまったシミやソバカスに効く美白成分とは
  7. 基礎化粧品でスキンケア&メイクのプロセスを知ろう!
  8. 洗顔料を選ぶポイント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。