お肌の乾燥肌を防ぐ対策方法

お肌の乾燥肌を防ぐ対策方法

乾燥肌空気が乾燥してくるこれからの時期は乾燥肌によるかゆみに悩む人が多いんです!

 

特に高齢の方やシニア世代の方は、加齢による保湿機能が衰えてくるために乾燥肌になりやすいんですね。

当サイトではそんな乾燥肌にお悩みの方に、簡単に対策できる方法をお教えします!

 

この時期、皮膚科に相談に来る方でとくに多いのが60~80代の方で、入浴後や就寝時にかゆくなりかきむしってしまう方が結構いらっしゃるんです。

就寝時にかゆくて眠れなかったり、イライラするなどといった相談が多いんです。

 

このシニア世代の乾燥肌を老人性乾皮症などといいます。特に腰、すねなどに症状がでやすいです。

調査結果では、65歳以上の95%もの方が老人性乾皮症という結果もでています。

 

人は年齢とともに皮脂などが減少しバリア機能が衰えていきます。人の皮膚の表皮には、皮脂などで体内から水分を喪失しないようにバリア機能が働いているんですが、年齢とともに機能が低下していき、そのためにお肌が乾燥しやすくなって、同時にかゆみ神経に刺激が伝わりやすくなってかゆみを感じやすくなるのです。

 

では、どうやって日常生活の中で乾燥肌を防げばよいのでしょうか!?

 

まず、この寒い季節になるとついつい熱すぎるお風呂にはいったり、長湯をしてしまうことも多いんではないでしょうか!

しかし、この熱すぎるお風呂や長湯も乾燥肌の原因にもなりますよ。あとは、できるだけお肌を強く洗わずに優しく洗うようにしましょう。

石鹸はお肌に優しい弱酸性のものを使い、もしかゆみが強い場合は手、足、首、陰部などの汚れやすい部分だけ洗、他はお湯で流す程度でもいいでしょう。

 

あとは、かゆみを引き起こす原因で肌着も気を付けた方がいいかもしれません。

できるだけ肌着は絹や木綿でゆったりしたものを選び、毛羽立ちのあるものや化学繊維のものはお肌への刺激になりやすいのでさけるようにしましょう。

 

この時期寒くてついつい暖房も強くかけすぎぎみになります。この暖房も乾燥肌の難敵ですね!

できるだけ加湿器を使い部屋の乾燥を防ぐようにしましょう。

 

あとはお肌を保湿クリームで乾燥から守る!

クリームを塗るタイミングはお風呂から出た後すぐに塗るのがいいでしょう。水分が蒸発しないうちに乳液やクリームで表面を覆ってあげましょう。

 

また、乳液やクリームによっては含まれる油分の量が違うので、自分のお肌の乾燥具合によって使うといいかもしれません。

油分が多ければ多いほど乾燥を防ぐ力は強いですが、その分しっとりというよりベットリとした肌触りになってしまいます。

 

油分の多さ

乳液<クリーム<ワセリン

 

乳液の方がどっちかというとさっぱりしていて、クリームの方が油分が多めです。それよりも多いのがワセリンとなります。

度合や好みにおおじて使ってみてくださいね^^

 

日常生活で乾燥肌を防ぐポイントまとめ

 

<入浴>

・熱すぎるお風呂や、長湯はできるだけ避ける!

・ごしごしと強くこすりすぎない!

・乾燥しやすいところはお湯で流すだけでもよい!

 

<衣類>

・肌着はゆったりとしたもので、木綿・絹のものを選ぶ!

・毛羽立ちのあるものは避ける!

 

<環境>

・暖房は強くかけすぎない!

・加湿を心がける!

 

<就寝>

電気毛布は使わない!

 

以上、これらのことをちょっと気を付けるだけでお肌を乾燥肌から守ることができますので、試してみてくださいね^^

 

あまりにもひどい場合は皮膚科にいってみてもらってくださいね!

 



関連情報

  1. シミの脅威は春に増大!その対策は・・・
  2. 美白ケア・シミについて知らないと大変なことになりますよ!
  3. カネボウの美白化粧品を自主回収
  4. 基礎化粧品の大事さ
  5. オススメの洗顔石鹸
  6. できてしまったシミやソバカスに効く美白成分とは
  7. 基礎化粧品でスキンケア&メイクのプロセスを知ろう!
  8. 洗顔料を選ぶポイント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。