化粧水のつけ方

化粧水のつけ方

基礎化粧品を使う上でクレンジングの次に使うのが化粧水です

お肌には水分が一番大切だから、化粧水をつければ水分を補えると思っている人が大半ですが、それは間違えです!

なぜなら化粧水が、そのままお肌の水分になるはけではないからです。

私たちの肌の水分を守っているのは、角質細胞間脂質、主にセラミドという成分です。

そのセラミドは年齢とともにだんだん減っていき、それにつれて肌の水分量も減っていくのです。

なので、年齢肌を補うのにこのセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を補う必要があるのです!

お肌に潤いイコール化粧水で補うと思っている人がほとんどですが、実は化粧水の大半が水なのです。

水の中にはこれらの保湿成分はあまり配合されていないので、セラミドが減っているお肌にいくら化粧水をつけたところで、ただ時間がたてば蒸発してなくなってしまうのです。

例えば、髪の毛がパサついている時に水で濡らしてもすぐにパサついてしまうのと一緒です。

では、何のために化粧水をつけるのか!?

極論からいえば、べつに付けなくても良いのです。

ただ最近の化粧水には、ビタミンC誘導体という成分が含まれているのでこれらの成分が入ったものをつかうのは有効です。

ビタミンC誘導体は、クリームなどに配合するより、水に配合した方が安定するので化粧水に入っているというわけです。

化粧水のつけ方

化粧水は手でつけていますか!?

それともコットンを使用していますか!?

コットンはいくらいいものを使ったとしても、繊維でできているのでお肌に小さなキズを作ってしまいます。

角質層を傷つけてしまえば、そこから潤い成分が流れ出て外からの刺激が中に入ってしまいます。

そしてそれは、お肌を乾燥させ、やがて肌老化を招く原因となります。

スキンケアを行う上で、美容液や乳液でもコットンを使う必要はありません!

手でつければ十分です。

手でパシパシ叩いて肌を引き締めようとする人もいますが、赤ら顔や、シミの原因になるのでやめましょう。

正しい化粧水の付け方は、美容液や乳液同様、手にとったあと肌を押さえるようにしながら、指の腹で内側から外側へ、下から上へフェイスラインに沿って軽く押しながらなじませていきましょう。

化粧品トライアルセットでためしてみよう!



関連情報

  1. オススメの洗顔石鹸
  2. セラミド配合の基礎化粧品の選び方
  3. UVケアにPA++++の新基準
  4. マナラホットクレンジングは通販で安い
  5. UV対策はしっかりと!
  6. ニキビを治すならオルビス
  7. ビーグレンの大人ニキビを1週間で治す撃退プログラム
  8. イオン導入器(美顔器)は美白に効果あり
  9. 洗顔料を選ぶポイント
  10. カネボウのシミを消す研究レポート


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。