肌への刺激が少ないクレンジング料を選ぼう

肌への刺激が少ないクレンジング料を選ぼう

メイクをしたあとはクレンジングが必要

基礎化粧品でまず一番最初必要なのがクレンジング料です!

ファンデーションを使ってメイクをしているとお顔にタップリお化粧が付いています

このまま化粧を落とさず寝てしまったら・・・

お肌にとっても悪いのは想像できますよね!

なのでファンデーションを使ってる人は、クレンジングと洗顔のダブル洗顔が必要です。

最近ではメイクアップ料は水や汗に強よくできていて、メイクが崩れにくくなっています

そのぶん洗顔だけではなかなか落ちませんので、しっかりクレンジングを行うようにしましょう。

メイクアップ料は主に油性の汚れなので、水には馴染みません

そのため、油分と水を馴染ませてメイクを浮かばせるためにクレンジング料には界面活性剤というのを配合しています。

界面活性剤はお肌にとても悪いイメージですが、メイクを落とすには不可欠なものです。

極論から言うと、界面活性剤の量や質でクレンジング料の良し悪しが決まってもいいというほどです。

クレンジング料といってもいろいろな種類のタイプがあります

クリーム・ジェル・オイルなど、いまではたくさんの種類のクレンジング料が販売されています。

スキンケアの中では、クレンジングはもっともお肌を傷めやすいものです。

ですから、なるべくよいものを選んで、お肌をいたわっていく努力が必要です!

たくさんあるクレンジグ料の中でも、比較的お肌にやさしいのは洗い流せるクリームタイプのものです。

乳化したジェルタイプ(透明ではなく白いもの)ものも肌にやさしいといえるでしょう。

油分を多く含むオイルタイプのものはお肌への刺激は強いです

最近ではオイルタイプのクレンジグ料が主流ですが、このタイプのものは洗浄力が強いものが多く、毎日使っているとお肌を傷めるものもあります。

油分をたくさん含んでいるので、メイク料とのなじみはいいですが、そのメイクを落とすための界面活性剤が多く必要になってくるのです。

オイルタイプやリキッドタイプのクレンジングはサラサラした液状のため、毛穴の汚れを落とそうと念入りにマッサージをする人がいますが、界面活性剤が多く含んだクレンジングオイルでは、洗剤でマッサージをしているのと同じです!

毛穴の汚れはただ外からこすっただけでは取れませんよ!

また、ミルクタイプのものはお肌にやさしいイメージのため最近人気がありますが、このタイプは水気が多い為、メイクアップ料のなじみがあまり良くないためゴシゴシとこすってしまい、結果としてお肌を傷めてしまうこともあります。

最近女性も働きにでて、忙しい毎日を送っているため「時間がなくても手軽に使える}という理由で、拭き取りシートなどが人気ですが、このタイプのものは一番刺激が強く、お肌を傷めます!

毎日拭き取りシートを使っていると、赤ら顔になったり、シミを作ってしまうことさえあります。

メイクを拭き取るタイプのものは手軽な分、洗浄力が強くお肌を傷めやすいということは覚えておいてくださ!

まとめると

刺激が強い順に
拭き取りタイプ > オイルタイプ > 泡・油性ジェルタイプ > クリーム・ミルク・水性ジェルタイプです!

総合的にクレンジングで一番オススメなのはというと、クリームタイプが油分も水分も多すぎず、バランスが取れていると言えます。

なかでも、適度の硬さがある上質のクリームタイプのものを選ぶようにしましょう。

最近では、油性界面活性剤が不使用で、美肌成分がたくさん含まれているものもでてきています。

このタイプのものはすこし値段が張りますが、有名芸能人も愛用していたり、クチコミなんかでも絶賛されていたり、それなりの効果があるものも多いのでオススメです。

簡単にメイクを落とせるからという理由や、値段が安いからと選んでしまうのは厳禁です!

毎日のことなのでこれらの理由で、クレンジング料を選んでしまうと、そのあといくら良い基礎化粧品をつかって、スキンケアをしたとしてもお肌は一行にキレイにならないということを覚えておきましょう。

クレンジグ料の中でもっともお肌にやさしいのがクリームタイプです



関連情報

  1. オススメの洗顔石鹸
  2. セラミド配合の基礎化粧品の選び方
  3. UVケアにPA++++の新基準
  4. マナラホットクレンジングは通販で安い
  5. UV対策はしっかりと!
  6. ニキビを治すならオルビス
  7. ビーグレンの大人ニキビを1週間で治す撃退プログラム
  8. イオン導入器(美顔器)は美白に効果あり
  9. 洗顔料を選ぶポイント
  10. カネボウのシミを消す研究レポート


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。