乳液はお肌のキメを整え角質を柔らかくする効果がある

乳液はお肌のキメを整え角質を柔らかくする効果がある

基礎化粧品で美容液の後につけるのが乳液です

乳液は油分なので、化粧水や美容液をつけて、お肌に水分と栄養をあたえたあとに蓋をする役目があります。

乳液はせっかく補った水分を蒸発させないように、美容液が毛穴の奥まで浸透すうように、お肌のキメを整えて角質をやわらかくするという効果があるのでスキンケアには乳液も取り入れてあげてください。

ただ乳液は油分なので、30代ぐらいまでの皮脂の多いニキビ肌の方はあまり付けない方がいいでしょう!(かえってニキビの原因にもなります)

最近の研究では、水分は油でフタをされているわけではなく、セラミドなどと結合することによって水分が維持されることがわかってきたので、なるべくセラミドなどの保湿成分をタップリ含んだ乳液を選ぶようにしましょう。

乳液は一度手のひらにとって、顔全体にさっとなじませたあと、指の腹を使い顔の内側から外側へ、下から上へとフェイスラインにそって軽く指で押しながらなじませていきましょう。



関連情報

  1. オススメの洗顔石鹸
  2. セラミド配合の基礎化粧品の選び方
  3. UVケアにPA++++の新基準
  4. マナラホットクレンジングは通販で安い
  5. UV対策はしっかりと!
  6. ニキビを治すならオルビス
  7. ビーグレンの大人ニキビを1週間で治す撃退プログラム
  8. イオン導入器(美顔器)は美白に効果あり
  9. 洗顔料を選ぶポイント
  10. カネボウのシミを消す研究レポート


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。