ファンデーションはパウダータイプが肌にやさしい

ファンデーションはパウダータイプが肌にやさしい

基礎化粧品を使う上で皆さんファンデーションは使いますよね!

 

 

クリームファンデーションを使っています!という人はちょっと注意が必要です。

 

クリームファンデーションは、乳液なもののような中に、顔料を分散させたものなのです。

 

分離しやすいため、乳化剤で乳化し安定させています。

 

この乳化剤がお肌への刺激になってしまうのです!

 

それに、液状である以上は、水分を含んでいるので防腐剤も必要になってきます。

 

リキッドタイプやゲル状ファンデーションも同様です。

 

その一方、パウダーファンデーションであれば、乳化剤は含まないし水分も含まないので防腐剤もほとんど必要ありません。

 

やはり水分が多いものは食品も化粧品も同じで、腐りやすいのです。

 

その結果、ファンデーションの中ではパウダータイプが比較的添加物も少なく、お肌にもやさしいといえます。

 

ほとんどの人がクリームファンデーションの方が、乾燥肌や敏感肌に向いてると思われがちですが、むしろそれは逆なのです!

 

もうひとつファンデーションには、練り状のものがあります。

 

パウダーと同じようなケースに入ってるものや、スティック状のものがあります。

 

この練り状のファンデーションは、ある程度の硬さになるように練って、顔料に油分を少し加えて作られています。

 

このタイプは、水を含まないので、乳化剤ざいも防腐剤もほとんど必要ないので、クリームタイプより刺激が少なく、パウダータイプよりしっとりと仕上がるので、カバー力を出したい人にはオススメです!

 

しかし、油分が多い為ニキビ肌の人はちょっと気をつけたほうがいいでしょう。

 

パウダーファンデーションだと粉浮きしてしまう!

結構、粉浮きしてしまう人は多いようです。

 

このような場合、メイク前の保湿を改善することでふせぐことができます。

 

洗顔後に、まず化粧水をつけてから、セラミドなどの保湿成分が入った美容液を多めにつけて、この美容液が化粧下地のかわりになります。

 

ファンデーションを塗るときのポイントは数時間後を想定して仕上げた方がうまくいきます。

 

たとえば、朝のスキンケアをしてメイクをします。

 

だんだん時間がたってくると、水分がが蒸発し、逆に油分が皮脂分泌に伴って増えてきます。

 

なので、朝のスキンケアでは保湿成分を多めにして、油分を少なめにして仕上げた方が時間が経ったときにきれいに見えます。

 

また、粉おしろいはパウダーファンデより粉浮きせずきれいに仕上がりますよ!

基礎化粧品トライアルセット



関連情報

  1. オススメの洗顔石鹸
  2. セラミド配合の基礎化粧品の選び方
  3. UVケアにPA++++の新基準
  4. マナラホットクレンジングは通販で安い
  5. UV対策はしっかりと!
  6. ニキビを治すならオルビス
  7. ビーグレンの大人ニキビを1週間で治す撃退プログラム
  8. イオン導入器(美顔器)は美白に効果あり
  9. 洗顔料を選ぶポイント
  10. カネボウのシミを消す研究レポート


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。