ピーリングは危ない?肌に悪い?って本当?

ピーリングは危ない?肌に悪い?って本当?

ピーリングは皮をはがすから危ないっていう人がいますが、それは間違いです!

 

お肌の弱い人なんかもしない方がいいとか思ってる人も非常に多いです。

 

しかし、ピーリングは日本皮膚科学会でもシワ・ニキビ・シミなどの治療として認められている、ちゃんとした美容治療なのです!

 

最近では、皮膚科の3割ぐらいがこのピーリングを取り入れているほどです。

 

なぜピーリングが危ないと言われるようになったかというと、1999年ごろに日本でピーリングが普及し始めて、その時にエステサロンでトラブルが多発したためです。

 

まだピーリングについての知識が乏しいエステサロンがピーリングを行った結果、ヤケドのようなトラブルが発生したのです。

 

今現在では、エステサロンでピーリングを行うことは禁止され、2001年より日本皮膚科学会のガイドラインに沿って医療機関が行っているので、より安全で効果が高いものになっています。

 

 

美白効果を高めるために、自宅でもピーリングを取り入れよう!

 

ピーリング剤にも美白効果がありますので取り入れてみましょう。

 

通常の美白成分が、肌の中でメラニン色素が作られるのを妨げるのに対して、ピーリングはできたメラニン色素の排出を助ける役割をします。

 

できたメラニン色素は、不要になるとターンオーバーのサイクルにのって捨てられていくのですが、ピーリングはターンオーバーを早めてくれるのでメラニン色素を排出しやすくします。

 

さらに、ニキビ痕などの炎症性色素沈着と呼ばれるシミには、もっとも即効性があります。

 

また、美白成分と、ピーリングを併用すると相乗効果が期待できるのです。

 

ピーリングは余分な角質を取り去るので、美白成分の浸透性がUPするためです。

 

このようなことから、ぜひピーリング石鹸など取り入れてみましょう!

 

 

マメ知識

厚生労働省が認めた美白成分の種類

 

アルプチン・エラグ酸・ルシノール・ビタミンC誘導体・プラセンタエキス・カモミラ・トラネキサム酸・リノール酸・油性天草エキス・ハイドロキノンなど

 

最近では豚の胎盤から抽出された、プラセンタエキスなどが美容によいとして、大変人気があります!



関連情報

  1. オススメの洗顔石鹸
  2. セラミド配合の基礎化粧品の選び方
  3. UVケアにPA++++の新基準
  4. マナラホットクレンジングは通販で安い
  5. UV対策はしっかりと!
  6. ニキビを治すならオルビス
  7. ビーグレンの大人ニキビを1週間で治す撃退プログラム
  8. イオン導入器(美顔器)は美白に効果あり
  9. 洗顔料を選ぶポイント
  10. カネボウのシミを消す研究レポート


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。