目元のシワ・顔のシワを改善

目元のシワ・顔のシワを改善

最近、目元のシワ・顔のシワがだんだん目立ってきた゚(゚´Д`゚)゚

 

どうすればこのシワを治せるの!?

 

こんな質問が30代・40代を過ぎると年齢肌とともに非常に多くなってきます。

 

この年齢肌によって起こる、目元のシワ・顔のシワが保湿成分だけで治るとシワと、治らないシワがあることを知っておいてください!

 

 

シワは大きく分けて3種類あります。

 

1.ちりめんジワ

2.表情ジワ

3.真皮のシワ

 

ちりめんジワは、目元などによくできる細かいシワです。

小ジワとも呼ばれています。

 

小ジワは、乾燥などによってできるためお肌を潤った状態を保つことで回復します。

 

表情ジワは、顔の表情に沿ってできるシワです。

 

このシワは顔の表情が戻れば見えなくなりますが、年齢とともに戻りにくく、深くなっていきます。

 

そして、やがて3の真皮のシワと呼ばれるものに以降していきます。

 

そして、一般的なシワと言われるのが3の真皮のシワと呼ばれるものです。

 

真皮のシワは、真皮の中にあるコラーゲン繊維が変質することによって起こります。

 

このコラーゲン繊維が弾力を失うことによって、今まで元に戻っていた表情ジワがだんだん元に戻らなくなっていき、深いシワになっていきます。

 

では、なぜこのコラーゲン繊維が変質してしまうのでしょうか!?

 

主な原因には、紫外線と加齢があります。

 

紫外線は、コラーゲン繊維を硬く変質させてしまいます。

 

そして、コラーゲンを分解する酵素に作用するためにコラーゲンの量を減らしてしまうのです。

 

これらの結果、お肌の弾力を失うだけでなく、真皮を薄くしてしまい、顔のシワをつくりやすい状態にしてしまいます。

 

また、40代を過ぎてくると、年齢とともにコラーゲンの量が減少していくので、エラスチン繊維も切れてバラバラになっていくため、肌の中のネットワークが壊れて、皮膚の弾力やハリが失われていきます。

 

そこで、真皮のシワをできる限り遅らせるには、若い時からの紫外線対策とアンチエイジング(老化予防)が重要になります。

 

すでにできてしまったシワを改善するには、紫外線対策とアンチエイジング(老化予防)の他に、シワの状態にあった浸透性の高い基礎化粧品を使うことが大事です。

 

真皮のシワには、抗シワ成分のアルジルリンがいいと言われています。

アルジルリンはシワへのアプローチがボトックスと似ていることから、「塗るボトックス」と呼ばれています。

表情ジワを消したいけど、ボトックス注射などのプチ整形をして失敗すると、顔の表情が変わらなくなったりするという怖い口コミもあるので、表情筋のシワ(表情ジワ)を治すならアルジルリン配合のビーグレンのエイジリンクルクリームがお勧めです!

 

ちりめんジワは、コラーゲンやヒアルロン酸、EGF成分などが入った保水性の高い基礎化粧品を選びましょう!

 

 アンチエイジングに効果的な基礎化粧品

 

 

 

 

 

 



関連情報

  1. アンチエイジングにいい成長ホルモン
  2. メディプラスゲル|50歳から始める基礎化粧品
  3. オールインワンゲル|肌ナチュール
  4. ほうれい線消したい|ピュアアンドシルク
  5. アンチエイジングに効果的な基礎化粧品
  6. なぜ肌は老化するのか!?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。