アンチエイジングに効果的な基礎化粧品

アンチエイジングに効果的な基礎化粧品

老化を遅らせるための対策のことをアンチエイジングと呼びます!

年齢と共にお肌がだんだん老化していきます。

 

それをすこしでも遅らせるためにアンチエイジングを行うのです。

 

ではどうやってアンチエイジングをしていくのでしょうか!?

 

それには、生活や食事などを気をつける方法と、基礎化粧品でスキンケアを行う方法があります。

 

まず、スキンケアで老化肌を食い止めるためには、守りのスキンケアと攻めのスキンケアを行いましょう!

 

守りのスキンケアには2つの方法があって、紫外線からお肌を守るお手入れ方法と、お肌に栄養を与えるお手入れ方法があります。

 

お肌に栄養を与えるには、ビタミンB・C・E群などをお手入れに取り入れましょう。

 

どれかひとつでも構わないですが、ビタミンC誘導体は必ず取り入れたいですね。

 

ビタミンC誘導体には、コラーゲンの合成促進や美白効果などがあるからです。

 

ですから、ビタミンC誘導体の入った化粧水などを使えばいいでしょう。

 

さらに、老化=酸化であるため抗酸化成分の入っているものもオススメです。

最近では、植物エキスなどの抗酸化成分の入った基礎化粧品もたくさん出回っています。

 

 

攻めのスキンケアでは、コラーゲンを取り入れたり、代謝を高めたり、ピーリング剤を使ったりします。

ピーリング剤を使って角質を取ると、皮膚は早くそこを修復しようと、細胞分裂が活発になり下から早い速度で上がってきます。

 

これが、ピーリングによってお肌が若返ると言う由縁です。

 

ピーリングを続けていくと、表皮がふっくらとしてきて、美白効果や、真皮のコラーゲン量も増えてきます。

 

このように、攻めのスキンケアと守りのスキンケアでアンチエイジングを行っていきましょう!

 

 

年齢によるアンチエイジングの方法をおおまかにご説明します

一般的には、20代後半から30代にかけてシミやシワ。ほうれい線などが気になりだします。

 

シミやシワは生まれた時から始まる老化の積み重なったものですから、いつから老化対策を行えばいいかというのは難しい問題です。

そこで、大まかではありますがおすすめの方法は、守りのスキンケアである紫外線対策は10代から、20代になったらビタミンC誘導体の入った化粧水を使い、30代になったら攻めのスキンケアであるレチノールやピーリング剤を配合した基礎化粧品を使うことをオススメいたします。

 

マメ知識

ビタミンC誘導体とは

皮膚への吸収を高めたビタミンCであり、コラーゲン合成には不可欠である。

皮脂分泌をコントロールするので、毛穴対策としてもよく使われる!

 

 

レチノールとは

ビタミンAの一種で、真皮のコラーゲンを増やす作用があるため、しわ対策によく使われる!

ただ、すこし刺激が強いので、顔じゅうに使うと粉をふくことがあるので、目元に使うのがよい。

 

50代からの基礎化粧品



関連情報

  1. アンチエイジングにいい成長ホルモン
  2. メディプラスゲル|50歳から始める基礎化粧品
  3. オールインワンゲル|肌ナチュール
  4. ほうれい線消したい|ピュアアンドシルク
  5. 目元のシワ・顔のシワを改善
  6. なぜ肌は老化するのか!?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。